親子で富士登山(小学生)

小学生くらいのお子さんと、親子登山/子連れ登山で富士登山をお考えの親御さんへ、毎年富士登山に出かけている私と息子の体験・経験からいくつかご紹介いたします。

「親子登山で富士登山 山行記録ヤマレコ」はこちら >>>

「親子登山で富士登山」への素朴な疑問

何歳から登れる?

「自分の体の不調を大人にしっかり意思表示できるコミュニケーション力」 と「やってみたいと思う強い意志」がお子さんにあれば、年齢にはそれほどこだわらなくていいと思います(登頂できるかどうかは別)。

ベビーキャリア(背負子)が必要だったり、「泣かれても、どうしてあげたらいいのか/何を求められているのかわからない」と親が日常的に感じるようなら、富士山に限らず山登りはもう少し待ってから始めてはいかがでしょうか。

私と息子の初めての富士登山は息子が幼稚園年中(5歳0ヶ月)でした。たまたま好条件が揃って剣ヶ峰(3,776m)まで到達できましたが、下山が17時過ぎ、さらに下山直後から激しい雷雨となり間一髪のところでした。振り返ると、何か1つでも条件が揃わなければ私の手に負えない事態になっていた可能性大で、無謀(=準備不足)だったなと反省しました。以後、毎年富士登山に出かけるようになり、頂上まで行かれなかったり、ひどい雨だったこともありますが、事前準備・対策と引き返す勇気で、安全で楽しく過ごせています。

どれくらい大変?

山の大きさ

休憩含まない累積歩行時間で10時間を軽く超えます。5合目登山口から山頂までの標高差は約1,500mです(ルートにより多少違います)。高尾山の4倍ですね。

山の高さ

上のほうは空気が薄くて大変です。富士山の頂上は平地の約2/3の気圧となり、少し激しく動くとすぐに息切れして苦しいです。
また、高山病の症状(頭痛、倦怠感、吐き気、食欲減退など)が出ると、肉体的にも精神的にもつらいです。症状が重く改善しなければ低い所に降りるしかありません。(高山病は標高3,000mくらいから発症すると言われますが、個人差が大きいようです。私はかつて標高2,017mの雲取山で発症しました。)

子供のサポート/親の負担

大人同士で登っても自分の面倒だけで精一杯なのに、子供のサポートまでするのですから、親の負担は身心ともに大きくなります。富士登山に限った話ではありませんが、親が疲れてテンパって、子どもにつらく接している場面にちょくちょく遭遇します。どんな状況でも子どもの心に寄り添い続け、最大の味方としてサポートし続けられるかどうかは、親がどれだけ余力を持って行動できるかにかかっています。準備段階で子どものことを心配するのは当然ですが、それだけでなく、自分(親自身)が相応の知識・体力を身につけるにはどうしたらよいかも合わせて考え行動しましょう。

「親子登山で富士登山」の不安と対策

体力

「メンバー全員」が頂上まで行って、帰ってこられるか?

近郊の山を登ってみて判断するのがいいと思います。山登り自体が初めてなら、まずは麓から頂上までの標高差400m程度の山(高尾山クラス)から始めて、標高差800-1,000m(奥多摩や丹沢など)の日帰り山行までステップアップできれば体力的には十分だと思います。

私と息子は親子登山8回目が初めての富士登山でしたが、それまで標高差500mの経験しかなく、はっきり言って準備不足でした。その翌年、2回目の富士登山は親子登山20回目でしたが、それまでに標高差800mの山登りも経験し、息子は大人のコースタイムの1.2倍で歩けるようになっていました。

体調変化

高山病

親の自分も含め「メンバーの誰かは『なる』」と心づもりしてくのがいいです(症状の種類や程度はいろいろありますが)。どの富士山ガイドブックにも高山病対策は書いてありますので、いろいろチェックしてみてください。まずは予防、発症してしまったら焦らず落ち着いて対策を。

私と息子は「高山病は脳の酸欠」ということに着目し、呼吸法の工夫で高山病を予防しています。深呼吸なのですが、「めいいっぱい吐いて吸う(吸うことより吐くことを意識する)」ことで肺の換気効率を高め、体に酸素をより多く行き渡らせるようにします。富士山の登山道の九十九折を「一往復したら深呼吸2回」で歩くと比較的楽です。また、発汗で水分が失われて血液ドロドロ・血の巡りが悪くなることも脳の酸欠に関与するそうなので水分摂取は十分に行っています(熱中症対策も兼ねる)。

気候

寒暖の差

夏から冬までの気候・気温変化への対応が求められます。
5合目登山口から歩き始めて1時間もすれば森林限界を超え、陽射しを遮ってくれる樹木がなくなります。高所なので涼しいですが、強い陽射しと登りの運動量で暑く感じます。日焼け対策も重要です。ところが雨天になると雨が冷たく感じられ、手先がむき出しだと震えてきます。(できれば防水性能のある)薄手の手袋が欲しいです。
標高3,000m前後の山小屋ではストーブが焚かれています。気温はひと桁台に下がり、じっとしていると首都圏での真冬の防寒具が欲しくなります。山頂の気温は山小屋よりさらに5℃ほど低くなります。

私と息子は明るくなってから山小屋を出発しています。山頂で御来光を迎えるためには山小屋を1時くらいに出発して3-4時間歩く必要があります。小さい子どもを歩かせるのはかわいそうな時間帯だと思います。十分休息して体調万全な状態で2日目の富士山登頂を目指すのが一番だと思います。(※2017年 5回目から山頂御来光)

雨でも登る?

長時間荒れ模様になることがわかっていれば、仕切りなおしが一番だと思います。一生に一度のつもりならなおのこと。

とはいえ、私と息子は雨天の富士登山を2回経験しています。1日目に山小屋までの登りが雨だったとき、2日目が強い風雨で登頂できなかったとき。どちらも雨は1日だけ、別の1日は天気がよく景色を存分に楽しめたので、雨で散々だったという印象ではありません。ただ、雨は冷たく、風が強いと体はブルブル震えてきますので、低体温症にはご注意ください。もちろん晴れ予報でも局地的なにわか雨の可能性はあると考えて、どんなときでも雨対策は万全に。

混雑

登山道はいつも渋滞?

「人の渋滞で進まない」ってことは起きていますが、あれは特定のルート・時期・時間帯に限った話です。空いた登山道をマイペースで歩くことも可能です。

ルート

富士登山者の6割が吉田ルートに集中し、残り4割が富士宮ルート、須走ルート、御殿場ルートを利用しています。つまり、吉田ルートだけがダントツに混雑していることになります。御殿場ルートは富士登山者の2-3%しか利用しておらず混雑とは無縁です。その訳は、他コースより標高差で1,000m余計に登り下りしなければならない健脚者向けコースだからです。そこで、スタートは標高2,400mの富士宮口として、宝永火口経由で御殿場ルートへトラバースする「プリンスルート」が密かな人気です。皇太子徳仁親王が2008年8月の富士登山で歩かれたルートなので「プリンス」と呼ばれています。2019年夏は天皇御即位の影響で流行るかも!?

私と息子の毎年の登山は「プリンスルート」もしくはプリンスルートのアレンジで、御殿場ルート上の山小屋を利用しています。

曜日・時間帯

土日、特に土曜泊の山小屋が一番混みます。それでも1枚の布団に1.5人程度なので、スペースはそこそこ用意されています。(富士山の山小屋は事前予約が必要)
混雑する時間帯は場所によって異なり、登山口では小屋泊する人が出発する昼前、8合目(小屋)では山頂御来光を目指す人が通過する夜明け前が混雑のピークです。登山口を早めにスタートし、山頂御来光にはこだわらず明るくなってから登る「時差登山」なら自分のペースでゆったり歩けるでしょう。

私と息子は、富士登山に慣れていない最初のうちは平日に、山頂御来光はあえてパスし、空いている登山道を人に気兼ねせず歩きました。

トイレ事情

登山道では山小屋のトイレが使えます。頂上にも公衆トイレがあります。どこも有料で1回300円くらいです。吉田、須走、富士宮ルートならだいたい1時間ごとに山小屋がでてきます。順番待ちになることも多いので、早め早めを心がけましょう。

それと「バイオトイレ」の使い方に注意が必要です。「トイレットペーパーを中に捨てない」「使用後はフタを閉める」です。バイオトイレはおがくずに混ぜた微生物がし尿を分解してくれる仕組みです。しかし微生物はトイレットペーパーを分解出来ません。なので備え付けのゴミ箱(大きな箱のときもあり)に捨てるようになっています。いつもの習慣でうっかり中に捨ててしまわぬよう気をつけましょう。また、微生物は低温と乾燥に弱いデリケートな生き物なので、保温と保湿のために使用後はフタを閉めましょう。

私と息子はトイレ用に100円玉を20-30枚持って行き、5枚くらいはすぐ取り出せるところに入れています。さらに、トイレが間に合わないときの備えとして、携帯トイレ、ロールペーパーも持って行きます。人通りが多く隠れる場所の少ない富士山で「やる」のは結構大変です。レインウェアで隠す、余裕があればツェルトを持っていって頭からかぶる、など目隠しを工夫します。だからといって人の目から離れようと登山道を外れるのはマズいです。人に踏まれていない登山道の外側では斜面に止まった石はとても不安定で、ちょっとの刺激で落石を誘発します。自分は良くても下にいる人には大変危険な行為です。

最後に

富士山に毎年登る意味ある?

富士山に登頂できたことは息子の大きな自信になりました。そしてその後の親子登山の継続を決定付けたように思います(我々の場合)。毎年「富士山に登る」と自分から言ってくるのも、自信の根拠だったりこの1年間の成長を確かめようとしているのかな、と捉えています。

富士登山から広がる世界

「親子登山で富士登山」…大人だけで登っても大変なのに、小学生や幼稚園児を面倒見しながらの子連れ富士登山となれば、親はさらにさらに大変です。でも、親子がともに相棒として認め合い、苦楽を共にすることは、何度経験しても楽しいものです。興味を持たれたのであれば是非とも実行に向けて準備を始めてください。そして、富士山1回きりでなく、どこのどんな山でもいいので、いろんな山へ親子登山に出かけるようになってもらえたら、山好きとしてはうれしい限りです。

焦らず、怒らず、助け合いながら、笑顔で富士山を登ってきてください。
みなさまの富士登山が安全で楽しくできることを願っております。

 

「親子登山で富士登山 山行記録ヤマレコはこちら >>>